【基礎編】②カ行の書き方のコツを解説します【カタカナの練習】

こんにちは!

清晏(せいあん)です。

今日は、「カ行」の解説を行っていきたいと思います。

カ行は「ノ」の動きが多いことが特徴ですね。

それでは、一つ一つ丁寧にやっていきましょう(^^)

①「カ」の書き方

「カ」は「加」の左側からきています。

1画目の横画はやや右上がりに書いていきます。

2画目のはらいは1画目のカーブとほぼ平行に書きます。

1画目の書き始めと、2画目の書き終わりは縦ラインが揃うように書きます。

②「キ」の書き方

「き」は「機」からきています。

1画目と2画目はやや右上がりで、ほぼ平行になるように書きます。

3画目は、1画目、2画目をそれぞれ2等分させるように書きます。

縦画は図にあるように、1:1:2になるように書きます。

③「ク」の書き方

「く」は「久」からきています。

1画目は縦の中心線上から書き始めます。

2画目の横画は水平に、はらいの部分は1画目のはらいよりは立てて書きます。

1画目と2画目のはらいを平行にしないことで、「ク」の中の空間を明るくします。

④「ケ」の書き方

「け」は「介」からきています。

1画目は縦の中心線より左側に書きます。

2画目はやや右上がりに書きます。

1画目と2画目の間の角度は約60°です。

3画目のはらいは、1画目のはらいとほぼ平行に書きます。

「ク」に似ていますが、ここは違う部分ですね。

⑤「コ」の書き方

「こ」は「己」からきています。

1画目の横画、縦画、それぞれが中心線に2等分されるように書きます。

縦画は、やや左側に入ります。

2画目の書き出しは1画目の書き出しと縦のラインをそろえて下さい。

2画目の書き終わりは、右に少し突き出します。

⑥まとめ

以上、カ行の解説をしていきました。

この行だと意外と「キ」が書きにくいかもしれませんね。

横の2本線の傾き加減を調節しないといけないので(;^_^A

書きにくい字が出てきて、なかなかうまく書けないと思った場合は、一旦ほかの字に切り替えてからリトライするのもありです!

いろいろな字に触れながら、上達していきましょう!

 

次回は、サ行の解説をしていきますね。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。