【基礎編】⑨ら行の書き方のコツを解説します【ひらがなの練習】

こんにちは!

清晏(せいあん)です。

今日は「ら行」の解説をしていきたいと思います。

①「ら」の書き方

「ら」は「良」が字源です。

2画目の部分は「ち」と似ていますね。

1画目は縦の中心線上に書きます。

1画目のはねを2画目につなげる意識で書いていきます。

2画目の縦線はやや左側にふくらませるように書きます。

最後はゆったりとカーブしていきます。

②「り」の書き方

「り」は「利」が字源です。

いろんな書き方がありますが、ここでは1画目と2画目の起筆(書き始め)の位置をそろえて書いています。

1画目のはねを2画目につなげる意識で書いてください。

③「る」の書き方

「る」は「留」が字源です。

曲線部分は楕円を書くイメージですね。

結びの部分は、三角形を意識してみると良いですね。

ちょうど三角形の頂点を縦の中心線が突っ切っています。

④「れ」の書き方

「れ」は「礼」が字源です。

左側の部分は、「ね」や「わ」と同じ要領で書きます。

1画目は、完全な直線ではなく、ほんの少しだけ左側にふくらませています。

最後のはらいは右ななめ上に向かっています。

⑤「ろ」の書き方

「ろ」は「呂」が字源です。

途中までは「る」と同じです。最後だけ巻かずに、左斜め下にはらっています。

はらいは、縦の中心線に接するところで終えます。

⑥まとめ

以上、「ら行」の解説を行っていきました。

これで、ひらがなは一通り終わりましたね(^^)

ひらがなが綺麗に書けるようになるだけでも、文章全体の印象はアップするので、練習に困っている方は、まずは平仮名からコツコツやっていきましょう。

「ペン字の理論と実践」というカテゴリーでは、ひらがな以外にも、その他ペン字に役立つ書き方のコツを載せていきますので、興味のある方はご覧ください。

 

それでは、また(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。