【基礎編】④タ行の書き方のコツを解説します【カタカナの練習】

こんにちは!

清晏(せいあん)です。

今回は「タ行」の解説していきます。

①「タ」の書き方

「タ」は「多」からきています。

1画目は縦の中心線上から書き始めます。

左上のマスの左下を目掛けて、はらいます。

2画目の横画は短く横の中心線に対して平行に書きます。

転折(てんせつ:折り返しのこと)の後は、マスの左下に向かって伸びやかにはらっていきます。

3画目は中央の斜線上「\」に書きます。

1画目との間に、余白を取ってください。

また、2画目のはらいと3画目のなす角は約90°になります。

②「チ」の書き方

「チ」は「千」からきています。

1画目は横に倒し気味で書きます。

2画目は横の中心線より上部に書きます。

また、縦の中心線に2等分されています。

書き始めはやや右上がりですが、上がりっぱなしではなく、書き終わりに向かって水平になるように下げています。

こうすることで、バランスを取ることができます。

3画目は縦の中心線上に書きます。

前半は直線気味に書きますが、後半に行くにつれて左にそれていきます。

③「ツ」の書き方

「ツ」は「川」からきています。

1画目は中央の斜線「\」の上部に書きます。

2画目は縦の中心線上に書きます。

一画目と同じ長さで平行、且つ、書き始めの高さをそろえて下さい。

3画目も1,2画目と書き始めの高さをそろえます。

カタカナの「ノ」を書く要領でやると上手くいきます。

また、できた2つの空間は均等になっています。

「ソ」の中央に「﹅」を1つ割り込ませると「ツ」になりますね。

④「テ」の書き方

「テ」は「天」からきています。

1画目は短く、やや右上がりに書きます。

2画目は1画目よりも長く書きます。

書き方としては「チ」の2画目と同じように書いていけばOKですね。

例のごとく、1画目と2画目は縦の中心線に2等分されています。

3画目は途中までは縦を意識して書きますが、途中から左にはらいます。

⑤「ト」の書き方

「ト」は「止」からきています。

1画目は縦の中心線上に書いていきます。

横の中心線に2等分されています。

2画目は、横の中心線よりもやや上から書き始めます。

その後、右下に向かって書いていきますが、横の中心線の少し下に行ったところでストップします。

そうすると、全体としてみたときに「﹅」が真ん中にあるように見えます◎

⑥まとめ

以上、タ行の解説をしていきました。

「チ」や「テ」などの縦画の力加減が少し難しいかもしれませんね。

後、タ行は縦画や横画が中心線に2等分されているものが多いですね。

人間は本能的にシンメトリーなものに美しさを感じるとされていますが、カタカナは左右対称な線が多いです。

そういった意味で、縦画や横画がきっちりかけるとカタカナは上手くなりますね。

さて、次回は「ハ行」の解説をしていきます。

 

それでは、また次の記事で(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。