【基礎編】⑤な行の書き方のコツを解説します【ひらがなの練習】

こんにちは!

清晏(せいあん)です。

今日は「な行」の書き方をレクチャーしていきたいと思います。

では、早速やっていきます!

①「な」の書き方

「な」は「奈」からきています。

1画目は、左上の枠内におさめます。書き終わりは縦の中心線に接します

2画目は左下に向かって斜めに書いていきます。横の中心線を超えたところが書き終わりとなります。

3画目は右上の枠内且つ、斜線の下に書きます。

書き終わりは横の中心線よりも上になります。

3画目のハネを、4画目に繋げていきます。

結びは縦の中心線の上で三角形を作るように書きます。

②「に」の書き方

「に」は「仁」からきています。

 

1画目は左上の斜線と左下の斜線をまたぐように書きます。

そして、2画目に繋がるようにハネます。

2画目の書き始めは縦の中心線に触れます

右上の斜線を少し超えたところで軽く止め、3画目に繋がるように、控えめにハネます。

3画目は縦の中心線より少し離れたところから書き始めます。

書き終わりは、2画目を書き終えた位置より右に出ない(揃える)ようにします。

③「ぬ」の書き方

「ぬ」は「奴」が字源です。

横長の字ですね。

また、大きな結びと、小さな結びがある字でもあります。

1画目は左上の中心線に接するところからスタートです。

やや左側に膨らみをもたせながら、右下に向かって書いていきます。

2画目の入りは、1画目よりも高い位置からになります。

1回目の大きな結びの部分は、上記のことを意識してみてください。

転折の後は、ヘ音記号を横にしたような曲線を書きます。

最後の結びは、1画目の書き終わりよりも上の位置で行います。

④「ね」の書き方

「ね」は「祢」が字源です。

字の中央部分の空間の作り方がポイントです。

1画目は左上の斜線と左下の斜線をまたぐように書きます。

「に」の1画目と長さ的には同じくらいですが、「に」と比べると、

①縦の中心線にやや近い

②線が直線的

という違いがあります。

2画目は、この転折(ジグザグしているところ)がポイントですね。

最初の部分はやや右上がり、且つ、短めに書きます。

その後、左斜め下を狙って直線的に線を引きます。

2回目の転折の後、枠内の右肩上がりの斜線に対して平行に線を引っ張っていきます。

そして、の部分は角ばらないように、滑らかに方向転換し、下に向かって線を書きます。

結びの位置は、1画目の書き終わりよりも上の位置で行います。

⑤「の」の書き方

「の」は「乃」からきています。

の中に納まるように、円を書くイメージで書きます。

字の中の空間を十分にとってください。

⑥まとめ

いかがだったでしょうか?

ちなみに「ぬ」「ね」は書きにくいひらがなランキングの上位に入ってくるくらい、難しい字なので、細かい部分の特徴までとらえて、試行錯誤してみましょう。

追々、難しいひらがなに焦点をあてた記事も書いていきたいと思います。

 

さて、次回は「は行」の解説をしていきたいと思います。

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です