【AI時代と手書き文字】パソコンではなく、あえて手で字を書く意味とは?

こんにちは!

清晏(せいあん)です。

現代は情報社会の真っただ中で、文字も「書く」時代から「(スマホ・パソコンで)打つ」時代へと変わってきました。

この先、手書き文字は希少な存在になっていくと思われますが、そのような時勢で「手で文字を書く」ことはどのような意味を持つのでしょうか?

そこで今日は「パソコンではなく、あえて手で字を書く意味とは?」というテーマでお伝えしていきたいと思います。

①「手書き」は思考を整理する

とある研究によると、キーボード入力と手書きでは、手書きの方が、内容を理解したり記憶したりすることにおいて優れた成果を出したそうです。

確かに私自身も、キーボード入力という作業に比べると、手で書くことは、同時に自分の思考を整理したり、新しいアイディア生み出したりしやすくなると感じています。

また、このサイトを書くときも、いきなりパソコンに向かって打ち込むというよりかは、「どんな内容の記事を書き、どうまとめていくか」を、紙に書き出して整理しています。

その方が、自分でペンを動かし、自分の字で構想をまとめていくことができるので、自然と「書きたいこと」が明確になっていくんですよね。

なので、手書き文字の力は結構大きいと実感しています。

②「ペン」と「紙」という手軽さ

ビジネスマンの方は通常の仕事やプレゼンテーションの時はパソコンを開いていることが一般的かと思います。

最近では、学生の方も講義中にパソコンを開いてメモを取る方がいるので、文字をパソコンをつかって記録していくことは当たり前の光景のようです。

大概の場面ではキーボード入力で何とかなるのですが、とはいえ、手書き文字の方が良い場面も少なからずあります。

例えば電話の時など、とっさにメモをしなければならないシチュエーションでは、ペンと紙の方が、臨機応変にすばやく対応することができます。

また、就活や冠婚葬祭でも手書きの字が求められる場面がありますよね。

比較すると、パソコンはあらかじめ決まったシチュエーションで力を発揮し、手書きは突然の出来事や特別なシーンで生かされやすいように思います。

こうしてみると、意外と手書き文字はまだまだ必要とされていますし、完全になくなることはないのではないかなと思います。

③手を動かす行為は、頭を働かせる

脳科学によると、手で文字を書く行為は脳の「前頭葉」という部位を活性化させると言われています。

私は脳科学者ではないので、詳しいことはお伝え出来ませんが、前頭葉を鍛えると、思考力、集中力、判断力を向上させるだけにとどまらず、クリエイティビティや計画的に物事を行う実行力が高まるそうです。

確かに、文字を書く行為は一見単純に見えますが、頭で物事を考えつつ、文字に起こしていくというアウトプットのトレーニングなので、脳に良い刺激を与えてくれるというのも納得できます。

字の練習を通して、綺麗な字を書けるようになるだけでなく、脳の力まで高まっていくのであれば、ペン字はなかなかに良い趣味や仕事になるのではないかと思います。

④「手書き」だからこそ効率が良い

何か大切なものを覚えたり記録したりしたい時、手書きは効率が良いです。

皆さんは、書いているうちにどんどんアイディアが浮かんでくる時ってありませんか?

そういうときって、規則的に思いつくというよりは、ランダムに放出されている感じがあるのではないでしょうか。

書いているうちに、以前思いついた考えを、補強したり覆したりする考えが生まれたり、急に何の脈略もなく新しいことを思いついたり…

このような場合は、律儀にキーボードで入力するよりも、自分の内側から湧き出るがままに、ペンを使って紙やノートに記録していく方が、自分のリズムを大切にできるのではないかと思います。

もちろん、レポートや脚本の仕上げのように、最終段階まで来たらパソコンの方が適切なこともありますが、それ以外の部分であれば、手書きは大きな力を発揮してくれます。

また、自分専用の手書きの記録ノートがあると、その中で過去のことから未来のことまで書き込みを入れていくことができるので、パソコンよりも自由度が高く、効率も良くなりますね。

⑤まとめ

字が綺麗だったり、読みやすかったりすることは、自分の脳に大切なものを認識させるための手助けをしてくれます。

せっかく良いアイディアを思いついて書き綴ったとしても、自分で見返したときに読めずモヤモヤしたり、人に見せても「読めない」と戻されてしまっていては、進むべき物事も進まなくなってしまいます。

手書きの文字が日常生活に密着しているからこそ、字が綺麗であったり、読みやすかったりすることは自分と相手の両方を救います。

また、手書きの文字を自分の目標達成の手段として使えるようになれば、もっと人生を豊かにできるのではないでしょうか?

「最近、手を使って書いてないな…」という方は、この機会にトライしてみてみませんか(^^)

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。